養成制度じゃない!就職先と二種免許が無料で手に入るチャンス!三ツ境自動車教習所とJOBサポートみすずにお任せ下さい。

>>TOPページ

支援制度と養成制度の違い

普通二種免許取得支援制度と養成制度はまったく逆の方法です


養成制度というものは、普通二種免許取得前にタクシー会社さんに面接に行き、採用決定された上で、養成員としてそのタクシー会社さんが選んだ教習所に行き、免許取得を目指す制度ですが、三ツ境自動車教習所で行っている支援制度は、先に普通二種免許を取得し、相談した上で入社する会社を決定、面接→採用という形になります。

つまり、免許を取得しただけでは雇用関係は発生しませんから、免許取得後の就職契約は自由に行えるというわけです。

通常、入社し、養成制度で普通二種免許を取得した場合には、タクシー会社さんからの制約事項が多く、期間も長いので、入社してみたけど都合により勤め続けられないといった場合に、罰則が厳しい会社がほとんどですが、普通二種免許取得支援制度を利用した上での入社には、罰則がないわけではありませんが、期間も短く、軽いもので済みます。

支援制度はライセンスを持って就職活動するわけですから、養成制度よりは自由だということです。

 

養成制度と支援制度の比較
養成制度
支援制度

タクシー会社の選択肢の数

入社する前に各タクシー会社の特徴・詳細がわかる
×
免許費用(教習料金)を負担してもらえるか
入社までの時間的負担(1社ずつ面接を受ける等)
多い
少ない
免許取得(合格)までの精神的プレッシャーの量
多い
少ない
住まいなどの支援
入社から短期間で退社した場合の返金等の罰則
かなり多い
少ない

もちろん、養成制度をご希望の方、二種免許をお持ちの方も相談OK!
貴方に合ったタクシー会社さんをご紹介します。

養成制度か、支援制度のどちらを利用するか迷ったら、ためしてみよう!
制度選択判断チャートはコチラ


 

 

 


当サイトではプライバシー保護の ため、Digital IDを 導入しSSL暗号化通信を採用しています。

Copyright (C) 2004-2006 Misuzu Industry Co.,ltd All Rights Reserved